ブラジル学校で日本語を楽しむ放課後クラブ活動を開始!

2021年7月20日

愛知県碧南市にあるブラジル学校「EAS Hekinan校」で、放課後クラブをはじめました!

初回の今日、参加してくれたのは合計18人の生徒たち。

ブラジル学校は、学年ごとに午前と午後に分かれて授業をしているため、1年生(午後から授業)12人にとっては “授業前クラブ” となります。

その後、2年生と3年生の各授業を終えた生徒たち6人がやってきて、1年生と交代!

この1日2回スタイルのクラブ活動を、これから3ヶ月間、週2ペースでおこなう予定です。


初回の今日やったのは、《名刺交換をしてみよう!》というアクティビティ。

事前アンケートで最も多かった「漫画や絵本を通して」「自然な日本語会話を」「対面でみんなと一緒に」「学校がある日の授業前または授業後に」勉強したい!!というニーズに応えるべく、知恵をしぼりにしぼって次のような流れを考えました(笑)。

  1. “名刺” について説明を受ける

  2. 5つの漫画から好きなものを選び、その漫画の会社に入社(面接なし)

  3. キャラクター付きの名刺を支給されたため自分で3枚作成

  4. 名刺の渡し方と、自己紹介の仕方について説明を受ける

  5. 他社の社員と名刺交換!!!

ということで、今日みんなが練習した主な日本語は「はじめまして」と「よろしくお願いします」。 そして友達の好きなキャラクター付き名刺を何枚もゲットして、思い出として持ち帰ってもらいました。

ちなみに、日本語クラブに対する事前アンケート(123人回答)の結果はこちら↓




ブラジル学校には、渡日して間もない子から日本生まれの子まで、さまざまな子ども達がいます。

通常の授業はポルトガル語で行うため学年ごとのポルトガル語レベルはほぼ揃っているようですが、日本語のレベルは同じクラスの中でもバッラバラ。 そこで、クラブ活動と別に、希望者には宿題を出して個別にがんばってもらうことにしました。がんばりたい子にはがんばれる環境を!ということで。


そちらは、第1回の結果が集まり次第、また改めてお知らせしますね♪

お楽しみに〜